読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

可笑しいくらい君が好き。

好きなものに好きというだけのノート。

無鉄砲ボーイな重岡くん

お久しぶりです
なうぇすと横アリで無鉄砲ボーイに撃たれた者です。


今日は重岡くんに堕ちた話をしようと思います。


※堕ちる前までの過程で多少重岡くんに対するマイナスな印象を書きます、あくまで昔のわたしの個人的な意見ですが気分を害される方はUターンお願い致します。












前記事でチラッと書いたのですがわたしはWESTのデビューが決まった当初は桐ちゃんが好き、と周りに言っておりました。

ごくせんパワーでございます。
もちろんあの頃よりふくよかになられて…!とは思ったのですが(失礼)、彼の変わらない歌声と優しさに惹かれていました。


そして、桐ちゃんが好きと言うと同時に。
「重岡!いや!!」と心の奥底から彼に苦手意識を持っておりました。


だって、すんごいキラキラしてるんだもん。←


真ん中でセンターで赤でメインで歌っててキラキラしてるんだもん!←


小学生の頃P様担としてNEWSヲタをやっていた時期もありましたが、その頃からセンターというポジションに持っていたイメージとはちょっと違う、異国からやってきた王子様のようなthe☆センターな笑顔とキラキラが当時のわたしは気に食わなかったのです。(笑) なぜか。(笑)


デビューして初めてのミュージックステーションを見て
大サビ前で「ミュージックステーション!!!!!!!」と叫ぶ彼に

「分かっとるわ!!!!!!!!!!」

とテレビ画面に突っ込んだのを鮮明に覚えています。







そんなわたしが彼と初めて出会ったのが
日生劇場でやっていた台風n Dreamer。


あれ??重岡くん出ていなくない??ごめんね青春じゃない??

そうなんです、彼出てないんです。ドラマだもの。撮影忙しいもの。なのになぜかわたしが友人に誘ってもらって行ったその日だけ、彼はサプライズでやってきたのです。





わたし、爆笑。




周りの人が黄色い悲鳴を上げる中、日生劇場で大爆笑してしまいました。
「いないんじゃなかったのwwwwwwwwwwww」と。←



今考えると、あの時点でわたしが彼に堕ちるのは決まっていたのかもしれません。








1stツアーのぱりぴぽでは、桐山くんの団扇を買いました。

桐山くんの団扇を買いました。

桐山くんの団扇を…買いました…

桐山くんの…団扇を………買ったのですが…





ぱりぴぽの公演後、わたしの頭に残っていたのはあれだけ「いや!!!!」と言っていた赤色センターくんでした。


友人からは「重岡の団扇買わないの?」と言われましたが、わたしはジャニヲタをしていて担当を絞ることはあっても変えることはなかったので「いや、買わない」と意地になって…彼の団扇を買いませんでした。

しかし、ぱりぴぽ公演に入った日のわたしの日記。




















「重岡がカッコよすぎた(;_;)♡♡」





いや、ふつーに堕ちてんじゃないかよ!!!!!がっつり堕ちてんじゃんか!!!!!!好きじゃん!!!!!!これ好きじゃん!!!!!!!!!ふつうに好きじゃん!!!!!!!!!何言ってんだよ!!!!!!!




そこからはもう、早かったです。


WESTを見るときは必ずシゲを目で追っていました。

あんなになんだよと思っていた大サビ前の「ミュージックステーション!!!!!」すら心地よくなっていました。←



もちろん、照史くんはだいすきです、彼がいなければわたしはジャニーズWESTに足を踏み入れることすらなかったかもしれないのですから。






そして、ラッキィィィィィィィ7の横アリ公演。









わたしはグッズ売り場の可愛らしいお姉さんに向かって言いました。




「重岡くんの団扇を、1枚。」






ぱりぴぽの団扇を買わなかったことは少し残念ですが、後悔はしておりません。
中途半端に意地を張った状態で買ってもきっと家に帰ってまた葛藤していたことでしょう。


あのときのあれがあったからこそ、わたしはようやく2回目のツアーで赤色センターくんの団扇を自信を持って買うことができたのだと思います。





重岡くんに堕ちた曲やダンスがあったのか、と言われると正直あまり記憶にありません。←


でもいちばんは、自分が思っていた彼とわたしたちに見せてくれる彼のギャップかなあと思います。

冒頭でも述べたとおりわたしは彼をキラキラにこにこの王子様のような人だと思っていました。

でも実際の彼は、そうゆう面がないこともないけど。(笑)  ちょっぴり違っていました。

おちゃらけててヘラヘラしてて落ち着きがなくてうるさくて構ってちゃんでお喋りがだいすきでメンバーがだいすきでやっぱりうるさくて。

なのに真ん中で踊って歌割りいいとこもらっちゃって挨拶とかしちゃって、なのにやっぱり突然ふざけだして。


そうゆう、とこなんだろうなあ…(どうゆうとこ。(笑))






もう何の迷いもありません、わたしは重岡くんのことがとても好きです。自信を持って言えます。

これからももっともっと彼の活躍が見たいと心の底から思うのです。

彼の魅力を見つけないで、なんてそんなこと1mmも思いません。
むしろたくさんの人に見つかってしまえばいい。


そう、わたしが堕ちたみたいに。(笑)





これからもいろんなところに飛んでいく彼を一生懸命追いかけようと心に誓ったのでありました。


ジャニーズWEST 初ドームの話。

ジャニーズWEST初ドーム公演


24から感謝届けます。




行ってきました。



感想をひとことで言うなら


行けてよかった。


これに尽きます。




ごくせんでばどの2人を知ってからは

見かけると「あ、桐ちゃんと中間くんだ〜!」って思ったり

デビューを発表したときもテレビの前で「おおお!おめでとう!!!」って喜んだり。


そんなわたしがWESTを初めて見たのは日生劇場でやった台風n Dreamer。


重岡があまり好きではなかったわたし(のちに自担になるとは知らずに)


「重岡出ないから見に行かない?」と誘われ(重岡本当にごめんねいまはだいすきだよ←)

見に行きました。





まあオチを言うと重岡出ないから行ったのに重岡は出てきたんですけどね!!!!!!サプライズで!!!!!びっくらこいたよ!!!!!!!みんなが黄色い悲鳴を上げる中大爆笑してしまったよ!!!!!!




まあそんなことがあり、偶然にもジャニーズWEST全員を見たんですよね。


デビュー以降出てたらテレビ見るくらいだったのが、台風nにいってからは


ブラブラ、ぱりぴぽ、ラキセ、VBBと普通にWESTヲタをいたしまして。(笑)



そして今回の、初ドーム。






自分が応援している好きなグループが

初めてドームでコンサートをする瞬間に

立ち会える喜びがあったのと同時に


アリーナで見ていた人たちをドームで見る

寂しさ、っていうのかな?

遠い人になっちゃうのかな?とも思った。





でも、行ってみてそんな不安は吹き飛びました。



あの空間に、そんな不安なんてものは1mmもありませんでした。


正直デビューしてから好きになったわたしがいていいのか?って思うところがあったのは事実。



でも、あのJr時代コーナーのWESTとファンの空間を見れたことは自分の中でとってもおっきかった。



そして何より最後all my loveを歌ってくれた瞬間に

ありがとうでいっぱいになりました。



他のメンバーもだけど特に照史くんが

「僕達をココ(ドーム)に連れてきてくれてありがとう」って何度も何度も感謝の言葉を口にしていた。


わたしはドームが決まったときから

「WESTがわたし達をドームに連れてってくれる!ありがとう!」 って思っていたのだけれど。


WESTくんたちは逆だった。


どちらが、正しい間違っているってわけじゃない。

ただ、このお互いがお互いに感謝している関係が素敵だな、いいな、よかったなって、心の底から思いました。



他にもたくさんの言葉をくれたけど、それは自分の胸にしまっておこう。

演出も、時間があったらまた書きます(^O^)



とにかく、本当に、本当に素敵な景色を見せてくれたWESTくん、ありがとう!

!!だいすきです!!!!!!!





いつかまた、重岡に堕ちた話もできたらいいな。(笑)




わたしと担当さん 〜二宮くん編〜



彼に堕ちた瞬間を今でも鮮明に覚えてる。



2005年7月2日 まごまご嵐 



その日ダムに沈んでしまう温泉街のお土産屋さんに
嵐が孫として行く、という内容の回。


そこに、彼、二宮和也くんは出ていました。


わたし、当時10歳。

9歳頃からSMAPにハマりだし
変わらず「キムタクだいすき〜♡」なんて言っていた10歳のわたし。


テレビ画面に映ったたいして仕事もしていないで(超失礼)
絵を描く智(当時は大ちゃん呼び)の隣で正座をしてる二宮くんを見て



「あ、この人好き。」



と、直感的に思ったのでした。




それから小学校でもなんでも
「嵐の中で誰が好き?」って聞かれたら


「ニノ。」


と、気づいたら答えるようになってたのです。


もちろん、嵐にどハマりして
お金も時間もかけるようになったのは
もっとあとだけれども、


二宮担になったスタート地点はたぶん、ここ。



ちなみに大宮担な理由もたぶん、ここ。(笑)



たまに思うんです。


もし、この回じゃなかったら、
櫻井相葉だったら、
松本大野だったら、
二宮相葉だったら、
櫻井松本だったら、


わたしは誰担だったのだろう? (笑)



そもそも嵐を知らずに生きていたのかもしれない。



考えるだけで恐ろしい。



出会いは偶然であり運命。



あのとき家にいてテレビを見ていてよかったと、心の底から思います。


お母さんありがとう!!!!!!(笑)


そんなわたしが本気で二宮くんにハマりだす話は


またいつか。(笑)




セトリを見る派か、見ない派か。

見る派です。(笑)



なんでそんなことを考えたかというと
話題になりました嵐さんの日経エンターテインメント。


難しいとこだな、っていうのが印象。


正直わたしは毎回見てしまうけれど
見てしまうことに大それた理由はないのです。

ただ流れてくるレポを見てたら
なんとなくだけど曲も入ってきちゃう。

中途半端に把握するくらいなら
順番とかぜんぶ知っちゃった方がスッキリする!
っていうだけ。(笑)



あとはC&Rを完璧にしていきたい。

あれは何年前だろうか、
EYES WITH DELIGHTのC&R。

誰が言ってるの???みんな何を発しているの??発音悪すぎない??歯切れどうした??状態のC&RをコンサートDVDで見たとき、
自分はちゃんとしていこう、
と胸に誓ったのを覚えております。


見る派の意見としてはそんな感じ。





ただ嵐の皆様が言う「高揚感」
というのもすごく分かるのです。

今回はじめてほんとの「初日」と言われる公演に入らせて頂いて。

会場の誰ひとりとして何も知らないあのなんとも言えない空気感、高揚感、ワクワク、ドキドキ。


たまらなかった〜〜〜〜〜(T_T)(T_T)♡



あれをみんなに味わってほしい!
と思う嵐のみなさまのお気持ちも本当にわかる。



ただ、やっぱりSNSが普及してるご時世だからなあ、難しいなあ……

でも、だからといって発表するセトリと違うことするなんて意地悪しないで〜!!!!(笑)



1つだけ言えることは。

高揚感を味わいたくて
セトリを見ずにコンサートに行っているファンの方も
たくさんいると思うよ!ってことです。




楽しみ方は人それぞれ。





嵐のみなさまとしては「見ないで来てね☆」

ってことなんだろうなあ。(笑)




永遠の課題ですな……。



さあ、というわけで。

はじめてみました、はてなブログ



先に言っておきます。




わたし、ブログに関する飽きっぽさピカイチです。




HTMLも苦手です←



どこまで続くでしょうか。




乞うご期待。